東京駅・グランスタ八重北で味わう鍋料理特集

2023.12.07

いよいよ冬本番。12月に入り、急に冷たい木枯らしが吹くようになると食べたくなるのが<鍋料理>ですよね。鍋料理とひと口に言っても、“気の合う仲間や職場の同僚と、忘新年会に楽しむのにピッタリな鍋料理”から“毎日寒い中お仕事を頑張る自分へ、身体の芯からほっこり温まるちょっとリッチなご褒美鍋料理”、更には日本の郷土料理のお鍋から、海外・韓国料理のお鍋まで、鍋料理といっても様々。今回は、東京駅の改札外 丸の内と八重洲を繋ぐ自由通路沿いにあり、日本各地から美味しいものが集まり東京の食を体験できる「グランスタ八重北」で楽しめる、様々なジャンルの鍋料理をご紹介します。

 

※表示価格は全て税込です

※掲載商品は2023年12月7日時点の情報です。諸事情により商品の内容(デザイン・価格・販売時期・提供時間・産地など)が変更となる場合や、販売中止となる場合がございます

※商品は数量限定で品切れの場合がありますので、入荷状況はショップへ直接お問い合わせください

※最新のショップ営業時間は「ショップ詳細」のページよりご確認ください

このページをシェアする

本家あべや/グランスタ八重北 改札外 2F(北町酒場)

きりたんぽ鍋 1人前 2,640円

 

「本家あべや」では、日本三大美味鶏の1つである“秋田比内地鶏”を店内で丸鶏から捌いているので新鮮かつぷりっぷりのお肉を堪能できます。そんな「本家あべや」自慢の鍋が、秋田の郷土料理『きりたんぽ鍋』。手造りきりたんぽに、旨味が詰まった醤油ベースのスープが染み込み、一口食べれば旨味が口の中にじゅわっと広がります。シャキシャキのせり、比内地鶏の柔らかく淡泊な味わいのむね肉、ジューシーで柔らかなもも肉が楽しめます。〆は、うどん・ごはん(各580円)お好みでセレクトしてみて!

※写真は2人前。ご注文は1人前~承ります。

 

 

鉄板ホルモン 蟻月/グランスタ八重北 改札外 1F(八重北食堂)

白のもつ鍋 2人前 3,916円

 

九州料理とこだわりの牛もつメニューが楽しめる「鉄板ホルモン 蟻月」で味わえるのが『白のもつ鍋』。数種類ブレンドした白味噌に、ニンニクとごま油、出汁を加えたスープは、パンチがありつつもまろやかな味噌の甘みが感じられ、肉厚なもつ(国産小腸)やキャベツ・ゴボウなど野菜の旨味を最大限に引き出してくれます。お店一押しの〆は『ちゃんぽん麺(ちゃんぽん 539円)』。麺に濃厚なスープが絡みつき、もちもちした食感が味わえます。卓上に辛味噌があるので少し加えてみると、ピリッと味変になるのでお試しあれ。

 

 

韓国酒場 コッキオ/グランスタ八重北 改札外 1F(八重北食堂)

タッカンマリ 2~3人前 3,520円

 

ネオンサインやドラム缶テーブルなど、インテリアからも韓国本場の酒場・屋台を感じられる「韓国酒場 コッキオ」。そんなコリアンスタイルのお店で忘新年会や歓送迎会で、ワイワイ食べるのにぴったりなのが『タッカンマリ』。じっくり炊いて鶏のエキスを凝縮させたスープはシンプルな味付け。兵庫県産銘柄鶏・たじま鶏の骨付き肉の、素材本来の美味しさをダイレクトに感じられます。セットには水キムチや大根キムチ、薬味として使うニラ、キャベツやタテギも付いてきます。

 

 

米沢牛黄木/グランスタ八重北 改札外 B1(黒塀横丁)

赤身すき焼き(単品) 1人前 4,500円

お食事セット 800円

 

頑張った自分にご褒美で美味しいお肉が食べたい!贅沢したい!そんな方は必見。「米沢牛黄木」の『赤身すき焼き』は、珍しい味噌ベースの特製割り下。コクがありながらマイルドな味わいです。市場で一頭丸ごと買い付けた米沢牛はキレイなサシが入っていて、口内で甘みのある脂が絶妙に溶けだすとろける食感。口あたりがよく粒がしっかりしている山形県産米“つや姫”と一緒に食べれば、箸が止まらなくなる美味しさです。仄かに灯る明かりと、黒を基調とした落ち着きのある店内で、至福のひとときを。

 

 

 

 

グランスタ八重北で寒い季節にぴったりのあたたかいお鍋を楽しんでくださいね。

 

新着情報