【東京駅の鉄板土産】もう迷わない!おすすめ東京土産10選

2019.07.11

東京駅の地下に広がるショッピングゾーン、グランスタ。なんと手土産の種類は1,000種類超。そして東京駅限定に絞っても約200種類と、短い時間の中で選ぶには膨大な量。。そこで、今一押しの"鉄板"東京土産をテーマ別に10種類ご紹介します!

このページをシェアする

はずさない!いちおし鉄板土産をご紹介

■チーズチョコレートバーガー 3個入り550円、6個入り900円、9個入り1,350円、12個入り1,800円/マイキャプテンチーズTOKYO(改札内・銀の鈴エリア)※東京駅グランスタ限定

2019年4月にオープンしたアメリカ西海岸テイストのチーズスイーツブランド。とろりとはみ出るチェダーチーズショコラをバター香るバンズクッキーとホイップショコラでサンドしたチーズチョコレートバーガーは、ここでしか手に入らない”新しい東京土産”です。

■TORAYA TOKYO 小形羊羹「夜の梅」5本入 1,404円/とらや(改札内・銀の鈴エリア)

室町時代後期創業の老舗「とらや」がエキナカ初出店。東京駅丸の内駅舎をデザインしたパッケージの小形羊羹「夜の梅」は大事な方へのお土産にぴったりです。

売上1位の定番土産

■メープルバタークッキー(9枚入 950円 /18枚入 1,900円 /32枚入 3,370円)/ザ・メープルマニア(改札内・丸の内坂エリア)

東京駅の洋菓子部門で売上No.1の”キングオブ東京土産”ことメープルバタークッキー※。メープルシュガーと発酵バターの香り良いクッキーはリピーターが多く、可愛らしい”メープル坊や”のパッケージも人気の高いポイントです

■豆大福 1個 206円/銀座甘楽(改札内・銀の鈴エリア)

東京駅の和菓子部門で売上No.1※、1日最大3,500個を売り上げるこちらの豆大福。契約農場産の小豆で炊いた粒あんの風味とつきたての柔らかいお餅。シンプルながらも丹精込めて作られた豆大福はリピーターが続出中。

※2018年6月1日~2019年5月31日 東京ステーションシティ調べ

ちょっとした手土産にぴったり!なケーキ

■チーズフォンデュケーキ 3個入り 810円 /テラセゾン(改札内・銀の鈴エリア)

ふんわりしっとりとしたベイクドチーズケーキの中にクリームが隠れている、ちょっと甘いチーズフォンデュを食べているような新しい感覚のチーズケーキです。

■苺のショートケーキ 1個 460円/フェアリーケーキフェア(改札内・銀の鈴エリア)※東京駅グランスタ限定

老若男女に喜ばれる、フレッシュの苺とたっぷりクリームのカップケーキ。お店では日持ちのするベイクドカップケーキも販売しています。

甘くないお土産

■東京駅限定 心ばかり(3個入り)1,250円/茅乃舎(改札外・グランスタ丸の内)※東京駅グランスタ限定

オープン以来多くの人で賑わう、だし専門店の人気だし袋3種類(茅乃舎だし5袋、野菜だし5袋、煮干しだし5袋)を詰め合せた東京駅限定デザインパッケージのギフト。実用的なだし袋の詰合せは、喜ばれること間違いなし。

■東京 駅舎物語(9袋入り)1,080円/桂新堂(改札内・丸の内坂エリア)※東京駅グランスタ限定

歴史ある東京駅丸の内駅舎の姿を映した2種のえびせんべい。繊細に描かれた丸の内駅舎のパッケージも美しく、帰省土産やご挨拶用の手土産として人気です。

かわいいキャラクター土産

■Suicaのペンギンバウム 1個 540円・まめぐいSuicaのペンギン 660円/まめぐい(改札内・銀の鈴エリア)※東京駅グランスタ限定

©Chiharu Sakazaki / JR東日本 / DENTSU Suica by JR東日本 SuicaはJR東日本の登録商標です。

Suicaのペンギンの全身をプリントした塩キャラメル味のバウムクーヘン。「型抜き」しながら楽しく食べられるキュートなお菓子。「まめぐいSuicaのペンギン」に包めばSuicaのペンギン好きにはたまらないギフトに。

各ショップどれも人気のお土産ばかり。ぜひ帰省や旅行など、大切な人への手土産選びの参考にしてみてください。

※価格はすべて税込み

 

■グランスタ(改札内)について詳しくはコチラ

■グランスタ丸の内(改札外)について詳しくはコチラ

新着情報